湿布薬や消炎鎮痛剤について

腰が痛かったり、膝が痛かったりしたら、まずは湿布を貼りますよね。 すると、貼ったところがスースーして一時的に痛みが治まります。 ここで普通は痛みが治まる=治ってきていると思いますよね。 残念ながらその逆でした。 湿布薬や消炎鎮痛剤は痛みを緩和するため、血流を遮断する治療です...

痛み・腫れ・発熱・咳・下痢は身体の修復反応?

身体には自然治癒力が備わっています。 痛みや腫れ、発熱、発赤、咳、痰、鼻水、発汗、かゆみ、発疹、下痢などの不快な反応は、実は身体にとっては治癒に向かうために必要な反応です。 でも、私たちは不快感を軽減させたり無くすることが治療だと思っていますが、身体にとっては自然治癒力の邪...

CS60とミトコンドリア

CS60は、細胞のゴミを取り除いて、ミトコンドリアを元気にすることが出来るとされています。では、そのゴミとは何なのでしょう? CS60について、様々な紹介がWEB上で見ることが出来ます。 ミトコンドリア内の微弱電流(マイクロカレント)を調整したり、その結果ミトコンドリアのA...

うつ病について

うつ病は、結構大変な病の割に、その重大性が過小評価されているような気がします。しかも、年々発症される方が多くなっているような気がします。 ストレス社会の中、ガマンが美徳・自己責任など個人の犠牲の上に成り立つ会社組織、社会構造がまだ多くある事が原因でしょうか。...