top of page

CS60とは何か?

CS60とは何か。開発者の西村先生は著書でこう説明しています。


『CS60は、高いエネルギーを生命エネルギーに変換して、それを人々に与えることができるのではないかと考えています。生命エネルギーは生きることだけでなく、音楽や文学、映画、芸術などにも変換されて人間社会に環流し、建設的なエネルギーに変換されています。そうした生命エネルギーを私は電気として捉えています。

こうした電気の流れは、磁場が出来ることで発生します。あるいは電子が流れることで、その周りに磁場エネルギーが発生します.磁場が出来ることで、その中を光エネルギーが流れ、人間の体内に生命エネルギーが発生し、その光のエネルギーが体の中を流れ出します。

しかも、CS60が発生させている光エネルギーはフォトンともいわれ、5次元のエネルギーのようです。

(中略)こうした創造と破壊の刻々とした変動の3次元現象に、ある作用が起きて5次元のエネルギーが流れれば、そうした時間を超えて、創造だけの現象が起きることになります。混乱していたものが単純になり、酸化したものが還元します。つまり、癒やされたり、元気になったり、若返ったりするのです。

その時間のない5次元の作用を時間軸の3次元に反映するのが、CS60の世界ではないかと私は考えています。』(『細胞の声を聴く 超健康革命』西村光久著P29~)


このように、CS60は人知を超えた不思議な物体のようです。

これを信じるか信じないかだけです。受け入れるかどうかだけです。

何なら、信じなくても、受け入れなくても、CS60の施術をするかしないかだけです。

理屈も理論も、エビデンスもありません。

現時点の人類の科学では証明も出来ないし計測も出来ないのです。

ただ、事実として、CS60で体を擦ると、不調や痛みなどが改善されていく、という現象が現れるという事だけです。

CS60という外側がアルマイトと、真ん中が真鍮で、中に半導体が入っていて、半球体部分から強い磁力線が出ている物体で、身体を擦ったり、トントンしたりするだけです。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page